MENU

七つの大罪 憤怒の審判(第4期)

七つの大罪 憤怒の審判
出典:『七つの大罪 憤怒の審判』公式サイト
  • 『七つの大罪』のアニメシリーズ第4期にして最終章。
  • メリオダスとエリザベスの旅路に訪れる運命の結末。
  • 最終決戦へ向けて加速していく物語は、盛り上がりも止まらない!
放送日時2021年1月6日より
毎週水曜 17:55〜
放送局テレビ東京系
話数全24話
監督西澤晋
主な声優梶裕貴雨宮天久野美咲 など
制作会社スタジオディーン
原作鈴木央による漫画『七つの大罪』
目次

『七つの大罪 憤怒の審判(第4期)』
無料視聴できるサービス

『七つの大罪 憤怒の審判(第4期)』は、
以下の動画配信サービスで配信中!

無料お試しを利用すれば、0円で視聴できます

サービス名 配信状況 無料お試し期間

見放題
31日間 無料

見放題
14日間 無料

見放題
31日間 無料


見放題
31日間 無料


見放題
14日間 無料

おすすめの動画配信サービス

U-NEXT
  • 20万本以上の見放題作品 ※No.1!
  • 映画もドラマもアニメも充実
  • 雑誌や人気マンガも読み放題
  • 毎月1200円分のポイント付与
  • 無料登録時も600ポイント付与
無料期間中に解約で料金0円!

『七つの大罪 憤怒の審判(第4期)』
作品情報

ここからは、『七つの大罪 憤怒の審判(第4期)』のあらすじ・出演キャストなどをご紹介します。

七つの大罪 憤怒の審判
出典:『七つの大罪 憤怒の審判』公式サイト
放送日時2021年1月6日より
毎週水曜 17:55〜
放送局テレビ東京系
話数全24話
監督西澤晋
主な声優梶裕貴雨宮天久野美咲 など
制作会社スタジオディーン
原作鈴木央による漫画『七つの大罪』

あらすじ

いまだ人と、人ならざるものの世界が、分かたれてはいなかった古の物語。
リュドシエル率いる〈光の聖痕(スティグマ)〉と魔神族による聖戦は、ブリタニア全土を巻き込み激化。

3つの戒禁を取り込んだエスタロッサは暴走し、エリザベスを連れ去った。
キング、ゴウセル、ホーク、そしてサリエルとタルミエルはその後を追い、天空演舞場跡へとたどり着く。

一方、キャメロット城では、新たなる魔神王になると決めたメリオダスが、
暗黒領域の繭の中で着々と戒禁を取り込み続けていた。

メリオダスの魂を救うために自ら煉獄へと身を投じたバンは、常人では決して生きられない瘴気の中を彷徨う。

明かされるエスタロッサの正体。
決壊するゴウセルの禁呪。
数多に絡み合う思惑の行く先は。

真の敵は誰なのか。討つべき者は何なのか。

”永遠の生”と”永劫の輪廻”という運命に抗い、
3000年の旅を続けてきた、メリオダスとエリザベス。
二人の旅路は、どのような結末を迎えるのかーーー。

出典:『七つの大罪 憤怒の審判』公式サイト

PV・予告編の動画

放送局・放送日時

テレビ東京系1月6日(水)17:55~
BSテレ東 1月6日(水)24:30~

主な声優・出演キャスト

キャラクター声優・出演者
メリオダス梶 裕貴
エリザベス雨宮 天
ホーク久野美咲
ディアンヌ悠木碧
バン鈴木達央
キング福山潤
ゴウセル髙木裕平
マーリン坂本真綾
エスカノール杉田智和

主題歌・挿入歌・OP・ED

オープニングテーマ
  • 「光あれ」岡野昭仁
エンディングテーマ
  • 「time」SawanoHiroyuki[nZk]:ReoNa

主な制作スタッフ

原作鈴木央
監督西澤晋
シリーズ構成池田臨太郎
キャラクターデザイン西野理恵
プロデューサー高林庸介
アニメーション制作スタジオディーン
マーヴィージャック(協力)
製作テレビ東京、「七つの大罪 憤怒の審判」製作委員会

『七つの大罪 憤怒の審判(第4期)』
みんなの感想・期待の声

『七つの大罪 憤怒の審判(第4期)』を見た人の感想や、楽しみにしている人の期待の声をご紹介します。

40代女性

第1シリーズからずっと見てきましたが今回でいよいよ最終章ということでとても楽しみにしています。

前作がとても中途半端な所で終わってしまったので続きが待ち遠しくてずっとモヤモヤしていました。

あのキャラはどうなるんだろうとかいろいろと妄想は膨らみますが、みんなが幸せなラストを願って放送開始まで楽しみに待ちたいと思います。

20代男性

ついにここまで来たかと言う感じです。

前作と同じスタッフと言うことですが、正直かなり不安です。
ですが前作の経験を踏まえて、今回は素晴らしいものに仕上がっていると信じます。

シリーズもついに4期目ですが、公式サイトに最終章と書いてあったのでラストまでやるようです。

正直ここまで早く最後までアニメ化されるとは思わなかったです。
少し寂しく思いますが、ラストまで楽しく見させてもらいます。


以上、『七つの大罪 憤怒の審判(第4期)』のご紹介でした。

目次
閉じる