バック・アロウ

バック・アロウ
出典:『バック・アロウ』公式サイト
  • アニメ制作会社スタジオヴォルンによる、オリジナルTVアニメーション作品。
  • アニメ監督「谷口悟朗」×脚本家「中島かずき」の強力タッグで贈る、ロボット×世界破戒冒険活劇。
  • 壁に囲まれた世界「リンガリンド」を舞台に、主人公であるバック・アロウが失った記憶を取り戻そうと壁の外を目指していくストーリー。
放送日時2021年1月8日より
毎週金曜 24:00〜
放送局TOKYO MXほか
話数全24話
監督谷口悟朗
キャスト梶裕貴|洲崎綾|小澤亜李|小野賢章 など
制作会社スタジオヴォルン
目次

『バック・アロウ』
無料視聴できるサービス

『バック・アロウ』は、
以下の動画配信サービスで配信中!

無料お試しを利用すれば、0円で視聴できます

サービス名 配信状況 無料お試し期間

見放題
31日間 無料

見放題
14日間 無料

見放題
30日間 無料


見放題
31日間 無料


見放題
14日間 無料

おすすめの動画配信サービス

U-NEXT
  • 20万本以上の見放題作品 ※No.1!
  • 映画もドラマもアニメも充実
  • 雑誌や人気マンガも読み放題
  • 毎月1200円分のポイント付与
  • 無料登録時も600ポイント付与
無料期間中に解約で料金0円!

『バック・アロウ』
作品情報

ここからは、『バック・アロウ』のあらすじ・出演キャストなどをご紹介します。

バック・アロウ
出典:『バック・アロウ』公式サイト
放送日時2021年1月8日より
毎週金曜 24:00〜
放送局TOKYO MXほか
話数全24話
監督谷口悟朗
キャスト梶裕貴|洲崎綾|小澤亜李|小野賢章 など
制作会社スタジオヴォルン

あらすじ

リンガリンド。その地は、壁に囲まれた世界。壁がその地を覆い、守り、育み、育てた。

壁は神──それがその大地、リンガリンドの根幹である。ある日、リンガリンド辺境の地「エッジャ村」に謎の男「バック・アロウ」が現れる。

アロウは記憶を失っているが、自分が「“壁の外”からやってきた」ことだけはわかると言う。

記憶を取り戻すために壁の外を目指すアロウだったが次第に、自身をめぐる争いに巻き込まれていく──

出典:『バック・アロウ』公式サイト

PV・予告編の動画

放送局・放送日時

TOKYO MX1月8日(金)24:00~
群馬テレビ1月8日(金)24:00~
とちぎテレビ1月8日(金)24:00~
BS111月8日(金)24:00~
ABCテレビ1月9日(土)26:30~
AT-X1月11日(月)21:00~

主な声優・出演キャスト

キャラクター声優・出演者
バック・アロウ梶裕貴
アタリー・アリエル洲崎綾
エルシャ・リーン小澤亜李
ビット・ナミタル小野賢章
カイ・ロウダン置鮎龍太郎
シュウ・ビ杉田智和
レン・シン潘めぐみ
フィーネ・フォルテ小清水亜美
プラーク・コンラート小松未可子
バーク・リーン河本邦弘
ソーラ・アシン関智一
アニー上田麗奈
ジム松本沙羅
トム永瀬アンナ
サム長縄まりあ

主題歌・挿入歌・OP・ED

オープニングテーマ
  • 「dawn」LiSA
エンディングテーマ
  • 「セカイノハテ」斉藤朱夏

主な制作スタッフ

監督谷口悟朗
シリーズ構成・全話脚本中島かずき
キャラクター原案大高忍
キャラクターデザイン・総作画監督菅野利之
音楽田中公平
アニメーション制作スタジオヴォルン

『バック・アロウ』
みんなの感想・期待の声

30代男性

実はここ数年あまりアニメを視聴出来ていないので今期始まる冬アニメのラインナップを見て、第一期を私が視聴出来ていない作品の第二期が多いと印象を受けました。

また、原作のを知らない作品はアニメ化を完全には楽しめないというイメージがあるので、原作付きのアニメ化作品も視聴し難いと感じています。


しかしながら今期の中でシリーズ化されておらず原作のない作品で注目の作品が一つありました。

それが「バック・アロウ」です。

まず注目した点としては監督に無限のリヴァイアス、スクライド、ガンソード、コードギアスで名を馳せた谷口悟朗監督という点が挙げられます。

この方の作風として特徴的だと個人的に感じる所は独特の世界観とそこに生きる主人公の目的が最後まで一切ブレずにストーリーが進んでいく所だと思います。

時には主人公らしからぬ行動も選択してしまうのですが、ブレない目的の為にそういうシーンも人間味を感じさせられるので感情移入しやすい作品が多いので今作の楽しみの一つです。

その他にも数々の名作品を手がけられた脚本の中島かずき氏、キャラクターデザインに週刊少年サンデーで連載されたマギの大高忍氏、PVで紹介のあったメインキャストに長年活躍されている声優陣が名を連ねているので演技の質、デザイン、演出全てにおいて一定以上の期待や安心感があると思っています。

放送開始前ですが期待感が高まっています。


以上、『バック・アロウ』のご紹介でした。

SNSシェアボタンはこちら
目次
閉じる