MENU

漫画レビュー『たーたん』義理の父と娘のほのぼの&はらはらコメディ|面白い点や感想、評価・口コミを紹介

こんな人におすすめの漫画です
  • 重すぎる話やドロドロした話よりも、ほのぼのした話の方が好き。
  • 適度なドキドキハラハラがある話が読みたい。
目次

『たーたん』のあらすじ

15年前、全く冴えない28歳の童貞男だった上田敦は、友人から赤ん坊を預かる。その友人は殺人を犯し刑務所に入ったのだ。赤ん坊の名は鈴。敦は鈴を娘として懸命に育てた。鈴は父を「たーたん」と呼ぶ。父は出生について娘に何も話していない。鈴は何も知らない。ワケあり父娘の心ヒリヒリコメディ!

出典:eBookjapan

『たーたん』のココが面白い!

ほのぼのとハラハラが同居する絶妙なバランス

「殺人事件を犯した同級生の娘を預かってから15年。娘はそのことをまだ知らない」という、なかなかに重めのテーマを扱いながら、それをあまり感じさせないほのぼのさがあります。

この漫画の軸となるストーリーは基本的に3つ。

  • 上田敦(43歳)とその義理の娘である鈴(15歳)の生活
  • 鈴の中学校生活
  • 敦の職場である運送会社での人間関係

家族2人だけの生活をほのぼの楽しみつつ、敦が隠してきた秘密がいつ鈴にバレてしまうのか、ハラハラした展開もちらほらと。

血がつながっていない父と娘が、今後どうなっていくのか。
毎話ごとに期待が高まります。

鈴ちゃんの表情豊かなところが可愛い

笑顔だったり、しかめっ面だったり、幸せそうな顔だったり。

敦に対して遠慮のない態度をとっている時、中学校で友達と過ごしている時などなど、鈴は様々な表情をしています。

15歳の娘ながら上田家の家計を管理して、家事を一手に引き受けているしっかり者の鈴が、子供っぽい表情をするところに癒されます。

敦の職場(運送会社)のドタバタも楽しめる

敦と鈴の生活だけでなく、敦の職場での人間関係にもいろいろな変化が起こります。

運送会社(モデルはおそらくヤマト運輸)の美人副支店長「妹尾さん(35歳)」が、やけに敦を気にかけていたり。

アルバイトの女性「片岡さん(21歳)」が、なぜか敦にアプローチをかけてきたり。

童貞かつ結婚もしたことがない敦が「再婚」するかもしれないという展開にニヤニヤします。

『たーたん』の評価・口コミ

https://twitter.com/kanare_t/status/1339053739970232320

まとめ

以上、漫画『たーたん』の紹介レビューでした。

2021年5月27日まで、eBookjapanで1巻がまるごと無料で試し読みできますよ。

会員登録なしで試し読みできます。

目次
閉じる