120分の動画を1.5倍速で見ると(90分ではなく)80分になる理由

動画を見るときに便利な倍速再生。

たとえば120分の動画を1.5倍速で見ると、動画時間が「80分」にまで短縮されるわけですが、そこでちょっとした疑問。

のアイコン画像

120分を2倍速で見ると60分なのに、なぜ1.5倍速で見ると80分になるの?

倍速スピード動画の時間
120分を1倍速で見る120分
120分を1.5倍速で見る80分
↑なぜ90分じゃないの?
120分を2倍速で見る60分

計算式では、 120分の動画を1.5倍速で見た場合
120分÷1.5倍速=80分
となるので、80分で全くもって正しいのですが、なんだか違和感。

のアイコン画像

なんでそうなるの?という疑問を解決しました。

結論

倍速スピードが早くなるにつれて、動画時間の短縮がゆるやかになるから。
(カットされる時間が短くなるから。)

イラストで表すと、こうです↓

左の図のように、倍速スピードに等しく比例して、動画の時間が短くなるのは間違いです。
最終的にはゼロになってしまいます。
それはありえません。

のアイコン画像

120分を1倍速で見ると120分……2倍速で見ると60分……
それなら「1.5倍速で見ると90分」だな!

と考えたときは、左の図で考えてしまっています。


正しくは、右の図のように
倍速スピードを上げるほどに、動画時間の短縮がゆるやかになっていきます。

だから、120分を1.5倍速で見る=80分、となるわけですね。

たとえ1,000倍速になっても、動画時間がゼロになることはありませんよね。

ちなみに1,000倍速の場合、120分÷1,000倍速=0.12分となります。
約7秒で終わります。早い。

以上、
120分の動画を1.5倍速で見ると(90分ではなく)80分になる理由、でした。

よかったらシェアしてね!