【比較と予想】劇場版『鬼滅の刃』無限列車編の興行収入はどこまで伸びる?『千と千尋の神隠し』&『君の名は。』と比べてみた

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

劇場版『鬼滅の刃』無限列車編が、公開から39日間で

  • 累計観客動員数:1939万人
  • 興行収入:259億円

を突破しました。

2020年11月24日時点で、歴代の日本映画興行収入ランキングの第2位となっています。

  1. 千と千尋の神隠し – 308億円
  2. 劇場版『鬼滅の刃』無限列車編 – 259億円
  3. 君の名は。 – 250億円

この記録がどこまで伸びるのか、そして「千と千尋の神隠し」と「君の名は。」の興行成績と何が違うのか、100億円突破までの日数などのデータを比較してみました。

劇場版『鬼滅の刃』無限列車編
これまでの興行収入
公開3日間
興行収入46億円
公開10日間
興行収入107億円(前週から+61億円)
公開17日間
興行収入157億円(前週から+50億円)
公開24日間
興行収入204億万円(前週から+約47億円)
公開31日間
興行収入233億円(前週から+約29億円)
公開39日間
興行収入259億円(前週から+約26億円)
目次

劇場版『鬼滅の刃』の最終的な興行収入は、350億円と予想

劇場版『鬼滅の刃』の最終的な興行収入の予想としては、

2021年の秋まで1年以上のロングラン上映されたのち、「350億円」を超えて邦画の歴代1位になる

という結果になるのではないでしょうか。

350億円と予想する主な理由

理由は2つです。

劇場版『鬼滅の刃』は、「千と千尋の神隠し」や「君の名は。」と比べても、興行収入の伸びが圧倒的に早いから

劇場版『鬼滅の刃』の興行収入が他の上位ランクイン映画と同じように推移した場合、350億円を超えることが予想されるから

Twitterで「吉田誠治さん」が作ってくださっている折れ線グラフを見ると分かりやすいです↓

劇場版『鬼滅の刃』の興行収入グラフ(左端の青いグラフ)だけ、圧倒的に伸びていますよね。

今後、他の映画と同じように推移するとしたら、劇場版『鬼滅の刃』の興行収入は350億円に達する可能性が高いです。


350億円と予想するもうひとつの理由

さらに理由をもうひとつ。

劇場版『鬼滅の刃』は、1年以上のロングラン上映をしても、興行収入が伸び続ける(鈍化しない)はずだから

詳しく説明すると、以下の通り。

歴代1位「千と千尋の神隠し(308億円)」と歴代2位「君の名は。(250.3億円)」は、どちらも公開から1年以上も上映された

上記2つの映画は、公開から日にちが経つにつれて上映劇場が減り、興行収入の伸びも鈍化していった

しかし、劇場版『鬼滅の刃』はなかなか上映劇場が減らない

なぜなら、新型コロナ禍でも確実に動員が見込める『劇場版 鬼滅の刃』は、どこの映画館も長く上映したがるから

また、鬼滅ファンのリピート視聴や、これから冬休みシーズンやお正月などが来るから

つまり、劇場版『鬼滅の刃』は、ロングラン上映されつつも上映劇場が減らず、興行収入も伸び続ける


以下、さらに詳しく解説しますね。

現在の邦画歴代1位「千と千尋の神隠し(308億円)」と、歴代2位「君の名は。(250.3億円)」は、映画の公開から1年以上たってからも劇場で公開されました。

しかし、ずっと上映するからと言って、公開当初のように興行収入が伸びるとは限りませんよね。

公開から日にちが経つにつれて、新しい映画が公開されたりするため「上映劇場」が減っていきます。

そうすると興行収入の伸びは鈍化していきます。

「千と千尋の神隠し」も「君の名は。」も、ロングラン上映するほど、興行収入の伸びは落ち着いて行きました。(ウィキペディアのデータを参照)

そして最終的に、それぞれ邦画歴代1位「千と千尋の神隠し(308億円)」と、歴代2位「君の名は。(250.3億円)」となったわけです。

それを考えると、

劇場版『鬼滅の刃』も、ロングラン上映するほど興行収入が伸びなくなるんじゃないの?

という疑問が出てきますよね。

しかし考えて欲しいのは、「千と千尋の神隠し」も「君の名は。」も、どちらも外出制限および映画館の入場制限(新型コロナ禍の影響)がなかった頃の上映、ということです。

  • 千と千尋の神隠し」公開年:2001年〜
  • 君の名は。」公開年:2016年〜

劇場版『鬼滅の刃』の場合、2020年10月16日の公開ということで、「新型コロナ禍の影響」をもろに受けての上映です。

外出制限および映画館の入場制限のため、1回あたりの上映での「興行収入」が少ないにもかかわらず、公開からわずか31日間で興行収入233億円を突破しています。

さらに、多くのハリウッド映画がコロナ禍の影響で「公開延期」をしているのと同じように、日本でも公開延期をする映画は増えるはずです。

そうすると映画館で新しく上映される映画は少なくなります。映画館は新しい映画を観に来る観客が減るため、苦しいですよね。

しかし、そこに朗報が。

新型コロナ禍で苦しい状況でも、劇場版『鬼滅の刃』を上映すれば、映画館はお客さんを呼べます。
だから、劇場版『鬼滅の刃』を上映する映画館はなかなか減らないと予想できます。

そんな状況が、「新型コロナ禍の影響」が収まるまでずっと続くはず。

さらにさらに、鬼滅ファンのリピート視聴もありますし、これから冬休みシーズンやお正月がきます。

つまり、「千と千尋の神隠し」や「君の名は。」がロングラン上映するほど興行収入が伸びなくなったのとは違い、劇場版『鬼滅の刃』は興行収入が伸び続けるはず、という予想ができます。

なので最終的な予想をまとめると

2021年の秋まで1年以上のロングラン上映されたのち、「350億円」を超えて邦画の歴代1位になる

という結果になるのではないでしょうか。

以上、劇場版『鬼滅の刃』無限列車編の興行収入予想でした。


劇場版『鬼滅の刃』無限列車編は、テレビアニメ版の続編映画です。
まだ見たことがない人は、テレビアニメ版から視聴することをオススメします。

『鬼滅の刃』
アニメ全話を無料で見る方法はこちら▼


以下からは、

  • 歴代の邦画興行収入ランキング
  • 劇場版『鬼滅の刃』無限列車編の毎週ごとの記録
  • 興行収入100億円突破までの日数を「千と千尋の神隠し」と「君の名は。」と比較

といった内容です。ご参考にどうぞ。

歴代の邦画興行収入ランキング

日本の映画の歴代興行収入ランキング1位〜10位は、以下の通り。

歴代の邦画興行収入ランキング
2020年11月24日時点
千と千尋の神隠し
308億円
劇場版「鬼滅の刃」無限列車編
259億円
君の名は。
250.3億円
ハウルの動く城
196億円
もののけ姫
193億円
踊る大捜査線 THE MOVIE2
レインボーブリッジを封鎖せよ!
173.5億円
崖の上のポニョ
155億円
天気の子
141.9億円
風立ちぬ
120.2億円
南極物語
110億円
  1. 千と千尋の神隠し – 308億円
  2. 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 – 259億円
  3. 君の名は。 – 250.3億円
  4. ハウルの動く城 – 196億円
  5. もののけ姫 – 193億円
  6. 踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ! – 173.5億円
  7. 崖の上のポニョ – 155億円
  8. 天気の子 – 141.9億円
  9. 風立ちぬ – 120.2億円
  10. 南極物語 – 110億円

10作品中、アニメ映画が8作品

こうして並べて見ると、アニメ映画が8作品もランクインしているのが際立ちますね。


千と千尋の神隠し [DVD]

とくに、宮崎駿監督のジブリ映画が5作品もランクインしています。すごい…。

  • 千と千尋の神隠し
  • ハウルの動く城
  • もののけ姫
  • 崖の上のポニョ
  • 風立ちぬ

君の名は。

さらに、新海誠監督の映画も2作品がランクインしています。

  • 君の名は。
  • 天気の子
劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

それに加えて劇場版 鬼滅の刃:無限列車編』のランクインですから、アニメの人気さがよく分かります。

劇場版『鬼滅の刃』無限列車編|公開から現在までの興行成績

劇場版『鬼滅の刃』無限列車編
公開日:2020年10月16日
 ▼
調査日:2020年11月24日

劇場版『鬼滅の刃』が2020年10月16日に公開されてから、11月24日時点までの興行成績を週ごとにまとめました。

劇場版『鬼滅の刃』無限列車編
これまでの興行収入
公開3日間
興行収入46億円
公開10日間
興行収入107億円(前週から+61億円)
公開17日間
興行収入157億円(前週から+50億円)
公開24日間
興行収入204億万円(前週から+約47億円)
公開31日間
興行収入233億円(前週から+約29億円)
公開39日間
興行収入259億円(前週から+約26億円)

公開から1週目(公開3日間)

1週目の週末(2020年10月17日・18日)時点の記録

10月16日から18日にかけての初日3日間で、

  • 観客動員数:342万人
  • 興行収入:46億円

を記録。

興行通信社による10月17日から18日の全国映画動員ランキングで初登場第1位となりました。

この成績は、日本国内で公開された映画の平日動員、平日興収、週末動員、週末興収で歴代1位の記録となりました。

さらに、新型コロナウイルスが世界的に流行している中での記録として、公開から3日間の週末における世界最高の興行成績となりました。

公開から2週目(公開10日間)

2週目の週末(10月24日・25日)時点の記録

10月16日から25日にかけての10日間で、

  • 観客動員数:798万人
  • 興行収入:107億円

を突破しました。

この記録は、「千と千尋の神隠し(2001年)」の25日というこれまでの最速記録を上回りました。

つまり「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が、歴代の日本映画最速で100億円の興行収入を達成した映画となったわけですね。

興行収入100億円達成までの日数|『千と千尋の神隠し』『君の名は。』との比較はこちら

この時の映画関係者の話によると「作品自体の評価が高く、リピーターが多い」という分析だったみたいです。(日本経済新聞の記事より)

ちなみに、邦画歴代1位の「千と千尋の神隠し(2001年)」が興行収入100億円を達成した時の観客動員数は799万人です。
観客動員数は劇場版『鬼滅の刃』とほぼ同じですね。

まあ映画チケット(映画観覧料)の価格は2001年と2020年ではあまり変わっていないので、観客動員数と興行収入が同じように推移するのでしょう。

映画チケット(映画観覧料)の価格
2001年
「千と千尋の神隠し」が公開
1800円ほど
2020年
「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が公開
1833円ほど
データの出典:ガベージニュース様より引用

公開から3週目(公開17日間)

3週目の週末(10月31日・11月1日)時点の記録

10月31日~11月1日の国内映画ランキング(興行通信社)では、

  • 観客動員数:1189万人
  • 興行収入:157億円

を突破。

公開から3週目にして歴代興収ランキングTOP10入りを果たしました。

公開から4週目(公開24日間)

4週目の週末(11月7日・8日)時点の記録

公開から24日間目となる11月9日には、

  • 観客動員数:1537万人
  • 興行収入:204億円

を突破しました。

この時点で、邦画と洋画を合わせた日本歴代興行収入ランキングで歴代5位、日本映画のみでは歴代3位にランクインしています。

邦画&洋画を合わせた歴代ランキング邦画の歴代ランキング
千と千尋の神隠し – 308億円千と千尋の神隠し – 308億円
タイタニック- 262億円君の名は。 – 250.3億円
アナと雪の女王- 255億円劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 – 204億円
※後に233億円を突破
君の名は。 – 250.3億円ハウルの動く城- 196億円
劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 – 204億円
※後に233億円を突破
もののけ姫- 193億円
データの出典:興行通信社|CINEMAランキング通信より

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、日本で公開された作品としては、歴代最速で累計興行収入200億円を突破した映画となりました。

公開から5週目(公開31日間)

5週目の週末(11月14日・15日)時点の記録

公開から31日間目となる11月16日には、

  • 観客動員数:1750万人
  • 興行収入:233億円

を突破しました。

この時点での邦画の歴代興行収入ランキング1位〜3位は次の通りですが、

  1. 千と千尋の神隠し – 308億円
  2. 君の名は。 – 250.3億円
  3. 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 – 233億円

1位の「千と千尋の神隠し」は、公開から1年以上のロングラン興行の結果、最終的に308億円を突破しています。

2位の「君の名は。」も、公開から1年以上(351日間)のロングラン興行の結果、最終的に250億円を突破しています。

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、公開からわずか31日間で興行収入233億円ですから、まだまだ伸びるはず。

公開から6週目(公開39日間)

公開から39日間目となる11月24日には、

  • 累計観客動員数:1939万人
  • 興行収入:259億円

を突破しました。

この結果により、『君の名は。』を上回り、劇場版『鬼滅の刃』無限列車編が歴代2位に浮上しています。

  1. 千と千尋の神隠し – 308億円
  2. 劇場版『鬼滅の刃』無限列車編 – 259億円
  3. 君の名は。 – 250億円

興行収入100億円を達成するまでの日数を比較

日本の映画の歴代興行収入ランキング1位〜3位の、「興行収入100億円を達成するまでの日数」を比較してみました。

映画タイトル興行収入ランキング興行収入100億円達成までの日数
千と千尋の神隠し邦画1位(308億円)25日
期間:2001年7月20日〜8月13日
君の名は。邦画2位(250億円)28日
期間:2016年8月26日〜9月22日
劇場版『鬼滅の刃』無限列車編邦画3位(233億円)
※2020年11月18日時点
10日
期間:2020年10月16日〜10月26日

興行収入308億円で邦画歴代1位となっている宮崎駿監督のジブリ作品『千と千尋の神隠し』の場合、

興行収入が100億円を突破したのは公開から25日。

また、興行収入250億円で邦画歴代4位となっている新海誠監督の作品『君の名は。』の場合、

興行収入が100億円を突破したのは公開から28日。

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、公開からわずか10日間で興行収入100億円を達成していますから、とんでもないスピードです。

劇場版『鬼滅の刃』の興行収入予想まとめ

劇場版『鬼滅の刃』無限列車編は、最終的に

2021年の秋まで1年以上のロングラン上映されたのち、「350億円」を超えて邦画の歴代1位になる

という結果になるのでは、と予想します。

以上、【比較と予想】劇場版『鬼滅の刃』無限列車編の興行収入はどこまで伸びる?『君の名は。』&『千と千尋の神隠し』と比べてみた でした。


劇場版『鬼滅の刃』無限列車編は、テレビアニメ版の続編映画です。
まだ見たことがない人は、テレビアニメ版から視聴することをオススメします。

『鬼滅の刃』
アニメ全話を無料で見る方法はこちら▼

『鬼滅の刃』
関連記事はこちら▼

よかったらシェアして下さいね!
目次
閉じる