MENU

『薬屋のひとりごと』2つの漫画の売上の違い|どっちが人気?

こんな人におすすめの記事です
  • 2種類の漫画のうち、どっちが売れてるの?
  • 売れてるほう(人気があるほう)を読みたい

結論からお伝えすると、スクウェア・エニックスから出版されている、ビッグガンガン版の漫画のほうが売上が高いです。

薬屋のひとりごと ビッグガンガン版
ビッグガンガン版
薬屋のひとりごと サンデーGX版
サンデーGX版
累計600万部突破累計500万部突破
※2021年7月時点

そのため、人気がある方から読みたい人は、ビッグガンガン版を選ぶと良いですよ。

『薬屋のひとりごと』の2つの漫画版は、以下の漫画アプリで途中まで無料で読めます。

ビッグガンガン版はこちら

マンガUP!
マンガUP!
開発元:SQUARE ENIX
無料
posted withアプリーチ

サンデーGX版はこちら

サンデーうぇぶり
サンデーうぇぶり
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ

さて本記事では、『薬屋のひとりごと』の2種類の漫画について、

  • シリーズ累計の発行部数はどれくらい?
  • それぞれいつから発売されてるの?
  • 何巻まで発売されているの?
  • なぜビッグガンガン版の方が売れてるの?

などを紹介していきます。

2種類の漫画版の売上ではなく「内容の違い」を知りたい人は、別記事の「『薬屋のひとりごと』2種類の漫画の違い|どっちを読む?」をご覧ください。

目次

『薬屋のひとりごと』シリーズ累計の売上|1300万部を突破

薬屋のひとりごと ビッグガンガン版
ビッグガンガン版
薬屋のひとりごと サンデーGX版
サンデーGX版
薬屋のひとりごと 書籍版小説
小説(文庫本)

『薬屋のひとりごと』の小説版・漫画版を合わせたシリーズ累計発行部数は、なんと1300万部を突破。
(※2021年7月時点)

内訳は次の通り。

漫画1(ビッグガンガン版)600万部以上
漫画2(サンデーGX版)500万部以上
小説(文庫本)200万部前後 ※推定

※ビッグガンガン版の600万部突破と、サンデーGX版の500万部突破については公式発表がありましたが、

書籍版小説の累計発行部数については正確なデータが見つからなかったため「※推定」となっています。

アニメ化の発表すらされていないのに、この人気です。

これからアニメ化されれば、さらに人気が出ること間違いなし。

月刊ビッグガンガン版(既巻8巻)の売上|600万部を突破

薬屋のひとりごと ビッグガンガン版 表紙一覧

ビッグガンガン版の漫画「薬屋のひとりごと」

原作日向夏
キャラクター原案しのとうこ
作画ねこクラゲ
構成七緒一綺
出版社スクウェア・エニックス
既巻8巻

スクウェア・エニックスから出版されている、ビッグガンガン版の漫画「薬屋のひとりごと」の累計発行部数は、600万部を突破しています。

構成を担当している「七緒一綺」さんのツイート

https://twitter.com/7O_1KI/status/1397423491763277829

ビッグガンガン版の漫画はいつから発売された?

ビッグガンガン版の漫画「薬屋のひとりごと」は、2017年9月25日に第1巻が発売されました。

既巻発売日
1巻2017年9月25日
2巻2018年2月24日
3巻2018年7月25日
4巻2019年2月25日
5巻2019年7月25日
6巻2020年3月25日
7巻2020年11月25日
8巻2021年5月25日

第1巻の発売後は、続巻が約5ヶ月〜8ヶ月の間隔で発売されています。

ビッグガンガンは月刊誌です。

1巻につきだいたい4〜5話が掲載されていますので、発売ペースはまあこんなものではないでしょうか。

ただし8ヶ月ほどの間隔が開くと「まだ続巻は出ないのかな?」とさすがに待ち遠しくなりますが。

ビッグガンガン版『薬屋のひとりごと』はこんな人におすすめ

薬屋のひとりごと ビッグガンガン版
  • キャラクターの魅力(可愛さ/かっこよさ)を楽しみたい人
  • ミステリー要素よりラブコメ要素が好みの人
  • きれいな表紙を見て興味を持った人
  • 原作小説を(全部もしくは途中まで)読んだことがある人

月刊サンデーGX版(既巻11巻)の売上|500万部を突破

薬屋のひとりごと サンデーGX版 表紙一覧

サンデーGX版の漫画「薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜」

原作日向夏
キャラクター原案しのとうこ
作画倉田三ノ路
出版社小学館
既巻11巻

小学館から出版されている、サンデーGX版の漫画「薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜」の累計発行部数は、500万部を突破しています。

サンデーGX編集部のツイート

※ツイート画像の表紙左下に小さく「累計500万部突破!」と記載されています。

サンデーGX版の漫画はいつから発売された?

サンデーGX版の漫画「薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜」は、2018年2月24日に第1巻が発売されました。

ビッグガンガン版から約5ヶ月遅れての発売ですね。

既巻発売日
1巻2018年2月24日
2巻2018年7月19日
3巻2018年9月19日
4巻2019年2月19日
5巻2019年6月19日
6巻2019年11月19日
7巻2020年2月19日
8巻2020年6月19日
9巻2020年10月16日
10巻2021年2月19日
11巻2021年6月18日

第1巻の発売後は、続巻が約2ヶ月〜5ヶ月の間隔で発売されています。

サンデーGXもビッグガンガンと同じく月刊誌なのですが、より早いペースで発売されていますね。

サンデーGX版の第1巻の発売はビッグガンガン版より約5ヶ月遅れていたのに、2021年7月時点では逆に3巻分も先行しています。

サンデーGX版『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』はこんな人におすすめ

薬屋のひとりごと サンデーGX版
  • サクサク進むストーリー展開を楽しみたい人
  • ラブコメ要素よりミステリー要素が好みの人
  • 中華風のリアルな世界観を味わいたい人
  • 原作小説を読んだことがない人

なぜ人気?ビッグガンガン版の方が売れている理由

薬屋のひとりごと ビッグガンガン版
ビッグガンガン版
薬屋のひとりごと サンデーGX版
サンデーGX版
累計600万部突破累計500万部突破
※2021年7月時点

ここでは、なぜビッグガンガン版の方が(+100万部)売れているのか?
その理由を解説していきます。

とくに人気が出るきっかけとなったのが、こちら↓

「次にくるマンガ大賞2019」コミックス部門第1位を受賞

出典:dwango.co.jp

ビッグガンガン版の漫画「薬屋のひとりごと」は、

なかなか注目度が高い「次にくるマンガ大賞2019(第5回)」コミックス部門第1位を受賞しています。

出典:tsugimanga.jp

「次にくるマンガ大賞2019」コミックス部門第1位

1位薬屋のひとりごと(ビッグガンガン版)30,311ポイント
2位チェンソーマン24,779ポイント
3位神クズ☆アイドル21,078ポイント
4位乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった……15,457ポイント
5位ブスに花束を。14,519ポイント
6位その着せ替え人形は恋をする11,575ポイント
発表日:2019年8月22日

「次にくるマンガ大賞」とは
niconicoとダ・ヴィンチの共催により「次に流行るであろうマンガ」の発掘・紹介を目指して2014年から始まったマンガ賞。

「コミックス部門」と「Webマンガ部門」がある。
歴代1~3位受賞作の半数近くがアニメ化しており、受賞=ヒットにつながっている。

ノミネート作品をダ・ヴィンチ編集部が選考して、その後niconico上でユーザー投票を行い、各賞を決定する。

他にも有名な人気マンガが多数ノミネートされていましたが、

2位の『チェンソーマン』に約6000ポイント差をつけて『薬屋のひとりごとがダントツ1位でした。

「次にくるマンガ大賞2019」の発表日以降、累計発行部数が大きく伸びる

「次にくるマンガ大賞2019」が2019年8月22日に発表された後、

ビッグガンガン版の漫画「薬屋のひとりごと」は、さまざまなメディアで取り上げられます。

それにより、もともと人気があったのがさらに加速。

累計発行部数が大きく伸びていきました。

2017年9月25日第1巻が発売される
2019年3月18日100万部突破
https://twitter.com/big_gangan/status/1107579466941759488
2019年7月2日170万部突破
https://twitter.com/big_gangan/status/1145893425729794048
2019年8月22日「次にくるマンガ大賞2019」コミックス部門第1位を受賞
2019年12月11日280万部突破
https://twitter.com/big_gangan/status/1204669735167643648
2020年4月27日390万部突破
https://twitter.com/big_gangan/status/1254651227075301377
2021年5月26日600万部突破
https://twitter.com/7O_1KI/status/1397423491763277829
〇〇万部突破の日付は、ソース元のツイートの日付です。

逆に考えると、サンデーGX版もすごい売上

薬屋のひとりごと サンデーGX版

ビッグガンガン版の漫画が「次にくるマンガ大賞2019」がきっかけで人気が加速したことは先に書いた通りですが、

逆に考えると、とくに大きな受賞なしで500万部を突破している「サンデーGX版」もすごい売上だということがわかります。

ビッグガンガン版累計600万部突破
サンデーGX版累計500万部突破
※2021年7月時点

しかも、サンデーGX版の第1巻の発売は、ビッグガンガン版より約5ヶ月遅れていたわけですからね。

ビッグガンガン版の受賞によってサンデーGX版も注目されたという理由もあるのでしょうが、それにしてもすごい。

2種類のコミカライズがどちらも大ヒットするなんて、めったにない事例ではないでしょうか。

これからアニメ化されるとしたら、まだまだシリーズ累計発行部数が伸びそうです。

まとめ

『薬屋のひとりごと』の小説版・漫画版を合わせたシリーズ累計発行部数は、1300万部を突破。

漫画1(ビッグガンガン版)600万部以上
漫画2(サンデーGX版)500万部以上
書籍(文庫本)200万部前後 ※推定

ビッグガンガン版の漫画は「次にくるマンガ大賞2019(第5回)」コミックス部門第1位を受賞。

受賞発表後に人気が加速し、2019年12月11日に280万部突破、2021年5月26日に600万部を突破しました。

ビッグガンガン版はこんな人におすすめ

ビッグガンガン版『薬屋のひとりごと』

薬屋のひとりごと ビッグガンガン版
  • キャラクターの魅力(可愛さ/かっこよさ)を楽しみたい人
  • ミステリー要素よりラブコメ要素が好みの人
  • きれいな表紙を見て興味を持った人
  • 原作小説を(全部もしくは途中まで)読んだことがある人

サンデーGX版はこんな人におすすめ

サンデーGX版『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』

薬屋のひとりごと サンデーGX版
  • サクサク進むストーリー展開を楽しみたい人
  • ラブコメ要素よりミステリー要素が好みの人
  • 中華風のリアルな世界観を味わいたい人
  • 原作小説を読んだことがない人

以上、『薬屋のひとりごと』2つの漫画の売上の違いでした。


関連記事はこちら▼

目次
閉じる