MENU
U-NEXTの無料トライアルを【完全無料】で利用する方法

恋人の大切さを再確認できる、純愛ラブストーリーのおすすめ映画・ドラマ5選

目次

「世界の中心で、愛をさけぶ」

まず最初におすすめしたいのは、純愛ラブストーリーの名作映画「世界の中心で、愛をさけぶ」。主人公の朔太郎が病に侵されながらも懸命に生きようとしていた高校時代の恋人・亜紀との日々へ想いを馳せる、純愛ラブストーリーです。

日に日に衰弱していく亜紀を懸命に傍で支えながら、亜紀の願いを叶えようとする朔太郎の姿には胸を打たれます。高校生の淡い恋だけでなく、生きることと死ぬことの意味を考えさせられる一作です。

 

「植物図鑑・運命の恋、ひろいました」

同じく邦画から、「植物図鑑・運命の恋、ひろいました」。べストセラー作家、有川浩による恋愛小説を映画化した本作のポイントは、トキメキいっぱいの作品だということです。

主人公のさやかは、ごくごく普通のOLだったが、ある日の夜、自宅マンションの前に倒れている男の人に出会います。樹と名乗るその人は、「僕を拾ってくれませんか」と言い出して…この映画を見れば、大切な恋人が側にいてくれるだけで、ありふれた日常にも花が咲くのだということを再認識させてくれるはずです。

見終わったあとは恋人に会いたくなる、そんなラブストーリーになっています。

 

「地味にスゴイ!校閲ガール」

夢を叶えようと必死に頑張る女性の姿を可愛らしく描いたお仕事ラブストーリー「地味にスゴイ!校閲ガール」もぜひおすすめしたい一作です。

見どころは石原さとみ演じる主人公・悦子の恋に仕事に猪突猛進で頑張る姿です。

好きな人にも全力でアプローチする悦子には元気や勇気をもらうこと間違いなしです。

好きな人がいるからおしゃれも頑張れるし仕事も頑張れる。そんな前向きな気持ちを思い出させてくれるドラマになっています。もちろん、悦子のファッションもチェックポイントです。

 

「きみに読む物語」

洋画からのおすすめは、「きみに読む物語」です。2005年に公開された「きみに読む物語」は、認知症のために過去の記憶を思い出せない女性にある男性が物語を読み聞かせているところから始まります。

その物語は、1940年代のノースカロライナ州で恋に落ちたアリーとノアの激しく切ない愛のお話しでした。

物語を聞いた女性は、こう言います。「これは私たちの物語ね」と。お互いを深く愛し合いながら、激動の人生を共に生きてきた二人の姿に号泣間違いなしです。

 

「ゴースト・ニューヨークの恋人」

同じく洋画からのおすすめ「ゴースト・ニューヨークの恋人」は、その主題歌と共に長く愛され続けている名作ラブストーリーです。

見たことないという方でも、一度は名前を耳にしたことはあるでしょう。恋人のモリ-と平凡な毎日を送っていたサムだったが、ある日突然暴漢の襲われ命を落としてしまいます。

幽霊になってしまったモリ-ですが、残念ながらモリ-に彼の姿は見えません。そんな時、モリ-の元にサムを殺したあの暴漢がやってきます。

モリ-を守るため奔走するサムでしたが、そのうちに自信の死の真相も徐々に明らかになっていきます。愛する人に触れることも、気付いてもらうことも出来なくても、一生懸命に恋人を守ろうと戦うサムの姿は必見です。

 

シェアしてもらえると嬉しいです
目次
閉じる