MENU

大河ドラマ『青天を衝け』全部の話数&最終話の放送日を予想しました

(C)NHK

2021年2月14日から放送されているNHK大河ドラマ『青天を衝け』

本記事では、

ねこ

『青天を衝け』は全部で何話まであるの?
『青天を衝け』はいつまで放送されるの?

といった疑問を解決します。

結論としては、以下の通り(予想ですが、そうなる確率が高いです)

全部で何話になるの?全44話〜46話
いつまで放送される?2021年12月26日(日)まで

詳しい理由をそれぞれ書きましたので、気になる人は本文をご覧くださいね。


目次

『青天を衝け』話数の予想:全44話〜46話

『青天を衝け』が全部で何話になるかは公式発表されていませんが、

予想としては

全話で44話〜46話ぐらいに収まるのではないでしょうか。

理由は、次の情報からある程度予想がつくから。

  • 過去の大河ドラマの話数:44〜50話
  • 『青天を衝け』の放送開始〜次回作までの日曜日の回数:46回

順番に説明しますね。

予想の理由①|過去の大河ドラマの話数:44話〜50話

これまでの大河ドラマは、『青天を衝け』を含めて全60作あり、話数はおおよそ44話〜50話ぐらいです。

なので『青天を衝け』も、この44話〜50話に収まるのはほぼ確実です。

ここ10年の大河ドラマの話数と放送期間は以下の通り。

タイトル話数
51作平清盛50話
52作八重の桜50話
53作軍師官兵衛50話
54作花燃ゆ50話
55作真田丸50話
56作おんな城主 直虎50話
57作西郷どん47話
58作いだてん
〜東京オリムピック噺〜
47話
59作麒麟がくる44話
60作青天を衝け44話〜46話?

57作の『西郷どん』から回数が減っていますが、その理由はNHKの「働き方改革」です。
本来は全50回と発表されていましたが、これにより全47回となりました。

60作の『麒麟がくる』は、全44回とさらに少ないですが、これは当初の予定通りの回数とのこと。

新型コロナウイルスの影響で放送に遅れが出ていましたが、話数には影響がなかったようですね。

予想の理由①|『青天を衝け』の放送開始〜次回作までの日曜日の回数:46回

大河ドラマの放送日は毎週日曜ですから、あと何回日曜日が来るかで、『青天を衝け』の話数がおおよそわかります。

『青天を衝け』の放送開始は、2021年2月14日(日)

そして、次回作の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は、2022年1月から放送されることが決まっています。

2021年2月14日〜12月31日までの日曜日を数えてみると46回

年末の時期で1回減った場合は、45回となりますね。

2022年/2023年の大河ドラマ情報
タイトル放送期間主人公脚本主演
61作鎌倉殿の13人2022年1月〜(予定)北条義時三谷幸喜小栗旬
62作どうする家康2023年1月〜(予定)徳川家康古沢良太松本潤

『青天を衝け』話数の予想まとめ

  • 過去の大河ドラマの話数:44話〜50話
  • 『青天を衝け』の放送開始〜次回作までの日曜日の回数:46回

以上の情報から、『青天を衝け』全話の話数は44話〜46話と予想を立てられますね。

『青天を衝け』放送終了日の予想:2021年12月26日

すでに上の方で書いていますが、

放送終了日(最終話の放送日時)の予想は2021年12月26日

次回作の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は、2022年1月から放送されることが決まっているからですね。


以上、NHK大河ドラマ『青天を衝け』の話数と放送終了日の予想でした。

NHK大河ドラマ『青天を衝け』
無料動画配信作品情報 はこちら

NHK大河ドラマ『青天を衝け』
(C)NHK

『青天を衝け』関連記事はこちら▼

にほんブログ村ランキングに参加中。
クリックで応援をお願いします!  
にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

目次
閉じる