アニメ『SSSS.DYNAZENON』第7話のネタバレ感想&考察【2021/5/14放送回】

©円谷プロ ©2021 TRIGGER・雨宮哲/「DYNAZENON」製作委員会

この記事では、2021/5/14に放送された春アニメ SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)第7話「集まった意味って、なに?」の個人的な感想や、感想ツイッターを載せています。

第7話のネタバレを含んでいますので、まだ視聴していない人は読まないほうが良いかも。

『SSSS.DYNAZENON』全話を無料で視聴できる配信サービスはこちら↓

前回の第6話では、

  • 怪獣に敗北してしまい、絶体絶命の危機に陥ったダイナゼノン
  • そこに突然、謎の巨人が現れた

というところで終わっていましたね。

さて第7話ではどうなったのか?

気になるシーンなどをピックアップしながら、感想やちょっとした考察などを語っていきます。

目次

グリッドナイト(アンチくん)&アノシラスが登場

第6話のラストで登場したグリッドナイトらしき巨人は、やはり前作『SSSS.GRIDMAN』のグリッドナイトでした。

前作では少年だったアンチくんが、ダイナゼノン7話で大人になって登場。目つきの悪さは相変わらず。

さらにアンチくんと一緒に、これまた前作のキャラクター「怪獣少女アノシラス」も大人になって登場しましたね。

ただしアンチくんは「ナイトくん」と呼ばれ、アノシラス自身も「2代目といいます」と自己紹介していますので、劇中では前作のふたりだと確定してはいません。

90%確定、といったところでしょうか。

前作グリッドマンと同じ世界線

『SSSS.DYNAZENON』のこれまでのストーリーに、前作グリッドマンのキャラクターは一切出ず、世界観なども違うところから

『SSSS.DYNAZENON』は、前作グリッドマンとは別の世界線なのでは?と思っていましたが、ここにきて同じ世界線だということが判明しましたね。

アノシラスたちは、複数の世界を渡り歩いている?

『SSSS.DYNAZENON』が前作グリッドマンと同じ世界線だと判明したのは良いのですが、アノシラスとアンチくんの発言にちょっと気になることが。

アノシラスの発言(ガウマや蓬たちに向けて)

「私たちは、グリッドナイト同盟です。」

「私たちは、あらゆる怪獣の驚異から世界を守っているものです。」

アンチくんの発言(ガウマたちと話したあと、アノシラスに向けて)

「ダイナゼノン。やはり怪獣が現れる世界には、それに対する抗体、アンチボディのようなものが、必ず現れるみたいですね。」


二人の発言から考えると、以下のことが予想できます。

  • 怪獣が現れる世界は複数あり、そのうちのひとつが『SSSS.DYNAZENON』の世界
  • アノシラスとアンチくんが所属する「グリッドナイト同盟」は、複数の世界を渡り歩きながら怪獣と戦っている
  • 怪獣が現れる世界には、怪獣に対する勢力が必ずいる、といったような、何らかの法則がある

前作とのつながりと新しく出てきた疑問

第7話にて前作とのつながりが確定したことで、さらに多くの疑問が出てきました。

  • 「グリッドナイト同盟」とはどんな組織なのか?どんな人物が所属しているのか
  • 前作グリッドマンからどれくらいの時間が立っているのか
  • 響裕太、宝多六花、、アカネちゃん、内海将といった前作キャラクターは生きているのか

などなど。

とくに気になるのは、前作キャラクターたちのその後。

第7話で登場したアノシラスとアンチくんの姿を見ると、普通に考えれば前作から10〜20年が経過した、となるんですが、このふたりは人間ではなく怪獣ですもんね……。

もしかしたらガウマや怪獣優生思想の4人(ジュウガ、オニジャ、ムジナ、シズム)のように、5000年以上の時が経っている可能性も。

できれば前作から10〜20年が経過した説で、前作キャラクターたちが大人になった姿を見てみたいですね。

まとめ

まだまだ謎が残る『SSSS.GRIDMAN(グリッドマン)』と『SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)』の世界。

これからの放送も楽しみです。

以上、『SSSS.DYNAZENON』第7話の感想と考察でした。

『SSSS.DYNAZENON』全話を無料で視聴できる配信サービスはこちら↓

目次
閉じる